Date Plan(デートプラン)

for Osaka Kyoto Kobe

江戸前寿司

東京の寿司屋で楽しめる江戸前の味とは?

      2016/01/09

江戸前は東京の寿司屋で楽しむことができるものですが、江戸時代から受け継がれてきた伝統の味があります。
本来は魚に塩を振り、重石を置いて発酵させるなれずしだった寿司は江戸時代に江戸において生の魚と酢を絡ませた飯を合わせたものとして広まりました。

江戸前の味というのはつまり新鮮で甘みと脂身、あるいは淡白な魚が持つ味そのものを楽しむことができるものなのです。
今は旬でなくても多くの魚を食べることができますが、寿司には寿司の旬のネタがあり、それはやはり今取れる旨味が凝縮された魚を使います。
江戸前はそのこだわりを持ち、さらにアナゴやえび、卵など生では食べない食材も味付けに工夫を凝らして飽きない味としているのです。

特に東京湾で取れる魚貝類を江戸前と呼びますが、現代は三浦半島や房総半島などで取れた魚も使われ、東京都内にある江戸前寿司店で食べることができるのです。

 - tokyo, 未分類 , , , , ,